夏も終わり・・・。 [奥村愛]

あれ?? 夏は???笑




ボケボケしてたら夏にブログを更新することなく秋になってしまいました・・・。


すみません。



強力な台風がこれでもかと立て続けに発生して、お天気もグズグズだし。



雨があまり好きではないらしい、このお方も少々荒れ気味です。
linecamera_shareimage.jpg

(頭にかぶっているのは敷物!(^^;))




先週は久々に加藤さんと2日連続でコンサートでした


来てくださった皆様、ありがとうございました



その時のことはこちらに書かせていただいております。

掲載は26日〜かな。



来週は6年ぶりにせんくらに参加させていただきます。


2公演させていただくのでお時間のある方は是非いらしてください(^^)






もう1週間経ってしまいましたが、また1つ歳を重ねました!!!


30代前半はアラサー、後半になるととたんにアラフォーになっちゃうもんだから40歳なんてあっという間に感じるね。


まっ、40まではもう少しあるけど・・・。


誠実に堅実に1年を過ごせるよう努力いたしまする。


お祝いコメントくださった皆様、ありがとうございました
この記事へのコメント
                                                                                            


更新ありがとうございます。                             寒暖の差があるので体調崩さないよう気を付けてください。                                    京都の「都のかなでコンサート}は落選でしたので、大阪のライブはすぐチケット申し込みました、                                       ゲストは異色の顔ぶれですね、どんなコンサートになるのか楽しみです。



                                                                        
あきべー(2016-09-26 20:26)
まずは、10日遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます☆

私は、愛さんよりも3日前に、無事歳を重ね事が出来ました(笑)

1ヶ月前のブログに、流石にコメント入れるのを躊躇ってしまいました(笑)

しかも、コンサートに顔を出せてないので、大変恐縮しております(笑)

今年は、一回だけしか(涙)

タイミングが合わないのが…

愛さん含め、飲み仲間達のご活躍は、見守らせて頂いておりますのでご心配なく♪

愛犬もお元気で何よりです(笑)

やはり、1年のイベント的な、河口湖が無かったのが、調子を狂わせたような…

元気にやっておりますので(笑)

季節の変わり目、くれぐれもご自愛くださいませ☆
O次郎(2016-09-26 22:49)
愛さん、遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!
愛さんも、アラフォーと言われる年齢になられたんですね。
ファンになって13年。
感慨深い想いがあります。
これからも、愛さんらしく、がんばってください!
ずっと変わらず応援していきますので。
まぁ〜☆(2016-09-27 00:59)
誕生日おめでとうでした( ^ ^ )/□まだまだ若いわ(笑)
くどう(2016-09-27 08:12)
遅れましたが、誕生日おめでとうございます。

私も14日が誕生日でしたが、何歳になっても誕生日を迎えられる事は幸せな事ですね。

これからも影ながら応援しております。
masa(2016-09-27 18:53)
おくればせながら、お誕生日おめでとうございました。

他の方同様、なかなかコンサートに恵まれず
ここの更新だけが楽しみになっています。
でも来年には1つ参加予定のものが…
その際には「お久しぶりです!」と
お声掛けできることを楽しみにしていますね。

と同時に、そろそろ新しいアルバムも期待しています。
せんちゃん(2016-09-27 21:40)
9/17の渋谷、松濤サロンでのコンサートにうかがいました。

あんな住宅街の小さなサロンでヴァイオリン鳴らして近所迷惑じゃないんですかね。きっと防音設備がしっかりしてるんでしょう。自分は電車で行ったんですが、奥村さんも電車だったんですかね。一流アーティストがヴァイオリン持って山手線に乗ってたら、ファンの人が見たら引いちゃうと思いますけどね。でも、アーティストの人も普通の人ですからね。ステージの上でだけ、ファンの人にとっての憧れ、スーパースターなんでしょうね。

さて、プログラムは最初に有名なエルガーの「愛のあいさつ」をもってきて、ピアノの加藤さんの曲から、貴志康一の「竹取物語」、西洋の曲までバランスがとれていてよかったと思います。コンサートでどの曲をどの順で演奏するかはアーティストの人も毎回考えるの大変なんでしょうね。でも最低一曲は誰でも聴いたことのある有名な曲を入れるべきでしょうね。お客さんにはクラシック詳しい人とそうでない人といろんな人がいますからね。自分の好きな曲をコンサートで演奏してもらえるとうれしいものです。

休憩中にはドリンクチケットで隣のお店で生ビールをいただきました。うまいビールを飲み、美しい音楽を楽しむ。人生とはそういうものですね。奥村さんのヴァイオリンを生演奏で聴き、自分の感性が刺激され、ものすごい物理学の理論を構築できそうな気がしてきました。

話は変わりますが、自分はNHKのBSプレミアムで平日午前5時から放送されている「クラシック倶楽部」を毎回録画して観てるんですが、あれいいですよね。先日、トーマス・ツェートマイヤーのリサイタルで、パガニーニの「24の奇想曲」の全曲演奏が放送されていて非常に感銘を受けました。ああいう長い曲を全曲1時間くらいぶっ通しで演奏するのもたまにはいいですよね。奥村さんはあの番組には出ないんですかね。

ニュースを見てるとテロや悲惨な事件があり、残酷な現実を突きつけられることもありますが、この世界には夢のあるもの、価値のあるもの、可能性のあるものもあります。音楽にも間違いなく価値があります。アーティストの人は夢を実現してくれる人、可能性を提示してくれる存在だと思います。一方、普通の人というのは夢も何にもない。普通に働きながら宝くじばっか買ってる。そんな普通な僕ですが、クラシック音楽を楽しむ権利はありますよね。

長くなりましたがこれからもいい音楽を届けてください。新しいアルバムも楽しみにしています。
ニア(2016-09-28 05:50)
陰ながらの、かげを打ち間違えてました。

すみません。
masa(2016-09-28 19:01)
2016.9.17(曇)、 これまでオペラグラスが絶対の必需品であった会場しか経験がなく、“学校の音楽教室”以来の空間、大きな期待となって胸が膨らむ。
奥村さんと加藤さんの目の表情までクッキリ、ハッキリ、バッチリ。目が合うとドキ。このような瞬間はもう二度とないかもしれないというのに、あまりの近さにふと目をそらしてしまう、自分のまだ残っていた突然の幼さに、なんとももったいない(笑)。
加藤さんの伴奏は甘く魅惑的、これまで耳にしたピアノの音色と明らかに違うと思う。そこへ、奥村さんのヴァイオリンが重なっていく。本当に“優しい”温かく人を包み込む音色、今宵のお二人は“満月”の夜に素晴らしい彩りと夢を与え、私たちを突然現れたお伽噺の世界(竹取物語)へ導いていく󾠓
奥村さんが気軽に聴いてくださいと言われたヴァイオリンソナタ、約30分弱の楽曲、凄くいい!でもその演奏(感情)の激しさ、強弱にはとても気軽に冷静には聞けなかった(笑)。
今回、演奏以外で特に惹き付けられたのは何といってもロイヤルブルーのドレスに身を包んだ奥村さん、とても綺麗で素敵でしたね󾬄本当に奥村さんにピッタリです。
アンコールは“スマイル”、CDでは味わえないアレンジが施され、ファンを楽しませ大事にしている優しい心遣いが伝わってきました(奥村さんも楽しんでいませんでしたか!?)󾀼。
演奏が終わるとともに夢の世界から現実の世界へ…物理的時間(時計)とかけ離れたなんというあっという間の時間(感覚)。終了後、今日の演目が入ったCDにお二人のサインを頂く(笑顔-笑顔でますます元気に)。最高に満ち足りた心温まるひと時をありがとうございました♪
ラリック&リヨン(2016-09-28 21:47)
このお方のブログ登場は、確か3回目だろうか。

今年の夏は会えなかったけど、来年は会えることを願っています。


遅くなってしまった。

でも、まだ間に合う「誕生“月”おめでとうございます。」
(このコメントが表示されるまでに月が替わっているかも。)

愛さんの強力なライバルを宣伝するつもりはないのですが・・・。

通勤途中の駅に、POLAのポスターが貼ってあるのを見かけました。

ここに書いてあるのが「人生は、30代から加速する。」

これは、「30代は老化が一気に進むからウチの製品を使え」ではなく、
「30代は輝きを増してくる。ウチの製品がそんな女性たちを応援する。」
みたいな主旨らしいです。

松濤のコンサートで、本当にその通りだと思いました。
「そよ風」から「燻ゆる煙」に変わっても、愛さんの輝きは増すばかりです。

これからも期待しています。
Kiyoshi(2016-09-28 23:53)
上賀茂神社で演奏されたと青山英里香さんのブログで知りました。
ご報告お待ちしてま〜す。
FC(2016-10-13 05:38)
もう一週間経つんだなぁと思いました。
都のかなで 行かせてもらいました。とても素敵でした。
少し遅れた40代最後の誕生日記念になりました。
幻想的な厳かな神域で聴く音色は、普段とは違って聴こえ、渡辺香津美さんとのコラボも本当に素敵で、あっという間の時間でした。
終演後に素敵なドレス姿にヴァイオリンを背負って玉砂利を歩かれるのを見て、微笑んでしまいました。
愛さんの奏でる音に、日頃の疲れやストレスも癒され、素敵な誕生日記念になりました。
雨が降らずに、本当に良かったですね。
河野 千恵(2016-10-13 23:18)
いやぁ、昨日のメルトコンサート、後半、衝撃が客席を走りました。そう、レフレールの斎藤さんが、演奏を始めたら、手拍子が始まってしまって。あの人数で、レフレールのファンの方が来られていると、地元、川越の音楽愛好者の方もおられるでしょうから・・・の状況でした。奥村さんも壇上で、斎藤さんの演奏後、おっしゃっていましたが。圧巻でしたブギウギ。その後も、ブギウギと同じテンポで、演奏が、続いていくのかなぁ、と思っていたら、そんな事もなく。しかし、アンコールのディズニーメドレー見事でした。超絶技巧を拝見させていただきました。さて、前半は、カノンに始まり、重い、バッハのシャコンヌの力演、感動いたしました。カルメンも良かったですし、ハンガリー舞曲もすばらしかったですし、ラストのリベルタンゴも申し分ありませんでした。かなり、前半、スタミナのいる展開だった、と思うのですが。ピアノの斎藤さん含めて、怒涛の展開だったような。いい演奏を聴かせていただきました。大変、お疲れ様でした。また、このデュオ、来年あたりに開催していただければ。レジェンダリースタンダード始め、結構、いい曲があったような。作曲家の加藤さんのブリージングエアーも、ヴァイオリンの高音域が生えるいい曲だと、私は思いますが。
青山治之(2016-11-14 00:18)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/442248739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。