一週間 [奥村愛]

この一週間はいろんなコンサートがありました!


まずは静岡でちょい短めのリサイタル。


ピアニスト三輪郁さんと



1月は大きなコンサートがなかったのでなんだか久々。


やっぱり演奏会は楽しいね〜(^^)



ご年配の方が多かったせいかとっても和やかな雰囲気になりました。





水曜日は地元小金井でのコンサート。

こちらは、オーボエ奏者の茂木大輔さんのお声がけで集まった、小金井にゆかりのある演奏家を中心としたメンバーで構成されたオーケストラ(今回はストリングスのみ)でのコンサート。

ヴィヴァルディーの四季の春やクライスラーの小品など数曲をソロで弾かせていただきました。



そして、ぬわ〜んとこの私が打楽器デビュー!!笑

アンダーソンのシンコペーテッドクロックとワルツィング・キャットで。

ウッドブロックと目覚まし時計とスライドホイッスルを使いました。



ソロより緊張した〜〜〜笑



ソロありオケあり打楽器ありで疲れたけど、なかなかできない経験ですごーく楽しかった!




翌日はおなじみハッピータンゴアワー!


今回は福生で。


須川さん、小松さん、田中さん、松永さんとタンゴをもりもり演奏しました(^^)


次回のタンゴは6月仙台で。

今から楽しみです!




・・・と充実した1週間だったけど、



しまった。



写真が1枚もない・・・。





という事で、福生でリハーサルと本番の間に結構時間があったので一人ラーメン。の時の写真(^^;)

しかも食べ途中で思い出したので味たま沈んでる。。。
IMG_2568.JPG

まぐろ出汁ですごーく美味しかった




そのコンサートも来てくださった皆様、ありがとうございました




この記事へのコメント
福生市民会館大ホールで、サインをもらうとき緊張して顔みれなかったっす(>_<)

時間とれるようにいっぱい買ったのにダメでした。

でも、須川さんが『ありがとうございました。』って握手してくれたのが、嬉しくて温かい人だなって思いました(T-T)

ありがとう須川さん☆”

クールな奥村さん。
あいだ(2016-02-14 00:16)
愛さんのコンサートは11月の郡山以来のご無沙汰。
その反動で(?)、静岡・小金井・福生の3連続となりました。
これでようやく新しい年がスタートした気分です。
(ブログが「あけましておめでとうございます!!」から更新されたし )


静岡の会場は大学の講堂。

京王線沿線にある音楽系某大学のホールは地下に潜っていくけど、ここはだいぶ違う雰囲気でした。
自然の光が差し込む中での愛さんの演奏もいいものです。


小金井では、ヴィヴァルディの四季「春」が聴けて、打楽器デビューにも立ち会えた。
タイプライターは担当が決まっているようだから、これから打楽器担当兼任ということでお願いします。


福生では、改めて実感したことがあります。

「小金井は近い!」

都心で冷たい雨が降ると、おそらく福生は雪で小金井は霙(ミゾレ)。
この違いは大きいです。

おっさん達の中で、愛さんの可憐さが一層際立っていました。
(溶け込んでいるようにも見える。)
2年前のさいたま市以来、久々のハッピータンゴを満喫しました。


これからのコンサート情報も来ていますが、いくつかお邪魔する予定です。
本当にお邪魔かもしれませんが、よろしくお願いします。
Kiyoshi(2016-02-14 11:01)
お久しぶりです〜(笑)

夜クラシック
at 文京シビックホール

が、近づいてきました。
ギターとの共演は
赤坂アトリウムと玉川高島屋
(だったような)
でお聴きしたことがあります。

ホールでどっぷり集中できるのは初めてです。

ソロ。
愛さんはバッハ無伴奏ですね!!
他にもありますか?
パガかイザイとかあると嬉しかです。
コラボ。
ピアソラは鉄板ですが、
奏者によっても随分印象が変わるので、
ちゃきちゃきそうなお二人に
期待しちゃいます。

にしても、写真、ラーメン(笑)
ウケました。
siopapa(2016-02-14 14:48)
演奏会の機会に恵まれないので、
こちらの更新、楽しみにしていまぁす。
せんちゃん(2016-02-15 21:03)
ブログお久しぶりですね。

打楽器を演奏しちゃうなんて、愛さんは常に努力しているんですね。

司会もでき、作曲もできちゃうバイオリン奏者・愛さん。

お濠がたくさんあり、本丸には中々到達しないという図面ですね。

愛さんの防御は完璧になりつつあるようで、まだまだだと思う愛さんがいるようで、本丸が太陽だとすると、お濠は惑星?

中には攻撃的な人間のようなものを創生する惑星(お濠)もあるかもね。

これは太陽の対立的な現象に抑止力を働かせる自然現象?
共に生きるということは、自由ということは、自然体ということは、バランス的な拡張を覚悟した拡大主義、それに反する縮小主義ということになる。
どちらが適したものなんでしょう?
これは需給関係の変動を意味する?

クラシック音楽は、過去の需要と現在の需要を通して、普遍的な需要を気づかせてくれることでしょう。
クラシック音楽の音楽的な楽しみと教育的な価値を大切にしたいと思いますね。
愛刀村正(2016-02-16 10:18)
地元の演奏会もとってもいいですね!!
インフルなどお気をつけくださ〜い
p2p(2016-02-17 08:33)
さすが愛ちゃん。

コンサートの写真がない…
ここはラーメンや!
という、潔さ。

今年もついて行きます!!(笑)


打楽器デビュー、おめでとうございます。
また機会があれば、コンサートのトークコーナー?でお披露目を〜(^-^)


あ、休み取れたので、3月枚方コンサート行きます!
残り僅かやったんで焦りました。

めちゃくちゃ久しぶりなので楽しみにしてます!
カトちゃん(2016-02-17 19:46)
大変ご無沙汰しており、恐縮しております↓

年始恒例となっております、差し入れが出来ていないのが心残りですが…(笑)

今年は、例年になく、コンサートに行けてなく(愛さんのコンサート含む)まだ1回↓

例年になく仕事が忙しく…

今度、お会い出来るのは、春近くのコンサートとなりそうです?(涙)

禁断症状が出始めており、早く治療しなくては、と思っておりますが…

私は元気にしておりますので(笑)

愛さん、くれぐれもご自愛下さいね☆
O次郎(2016-02-17 20:55)
お疲れ様です。

ラーメンおいしそう。

ゆづるぢ(2016-02-22 22:06)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/433779724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。