北海道 [奥村愛]

北海道ツアーが無事終了!!




昔から知ってるロイヤルチェンバーの方たちや、同級生、後輩達と一緒に演奏できて本当に楽しかった〜〜。



指揮者の西本智実さんとも久々の共演でした。




函館、札幌、帯広、一旦帰京の後、茨城県の取手。

計4回、モーツァルトのコンチェルト第4番を演奏しました。




一番きつかったのは、緊張感を持続させること。


3回目くらいになると、慣れてきて緊張感が薄れてくる。集中力も散漫になりがち。


それを冷静にコントロールしなきゃいけなくて・・・・。

でもそれが結構難しいんだ。


特にモーツァルトは勢いでひけるものじゃないので、緊張感がなくなってくると、ほんっと厳しいのです。



一つの曲を短期間に何度もステージで演奏するのはとっても勉強になります。

今回も良い経験をさせていただきました!

IMG_1168.JPG





そして、北海道公演の合間にイベント出演。

<ネスレ スペシャル.T presents 「音楽とスイーツが織りなすティーパーティ」>




80人の女性ばかりの会場でトークと演奏してきました!

この「スペシャル.T」はお茶を作ってくれるマシーン。


タンクに水を入れ、茶葉が入ったミニパックをポンと入れてスイッチポンすると、あっという間にお茶が出来ちゃう優れもの。



しかも、紅茶は紅茶の、日本茶は日本茶の適温で入れてくれるんだって。

凄い!!



ちょいピンボケですが・・。
IMG_1171.JPG





函館〜札幌はプロペラ機で移動。
IMG_1160.JPG





札幌は先週雪が積もったみたいなので、ブーツもはいて完全防備で行ったけど、ほとんど解けてなくなっていました。


まーそれでも寒かったけど^_^;




そして、この時期の北海道と言えばやっぱり『食』は大事!!(笑)


まずは函館。

学生時代の後輩でもあり函館出身のヴァイオリニストさんがすんばらしいお店連れて行ってくれました。
IMG_1159.JPG
この雲丹やばい・・・。
いや、カニもやばい・・・。
ムムッ、いかもやばい・・・。

私の好きな食べ物ランキング上位に入る食材ばかりです♡





そして、札幌。
IMG_1162.JPG
光輝いてる〜〜。




ご飯だけが入ってる丼がテーブルに運ばれ、店長自らイクラを盛りに来る。


盛る時は、店員もお客さんも全員で「おいっさ〜、おいっさー」と大合唱。


ちなみに、店長がイクラを持ってくる前に丼のご飯に手を付けたら、没収だそうです(T_T)




そして、最後は帯広。

帯広は北海道の中でも特に食べ物が美味しいそうです。
IMG_1163.JPG
帯広名物『豚丼』

お肉が香ばしくて柔らかくて美味しい!

連日食べすぎたので、今回はミニ豚丼で。


普通サイズはもっとお肉が入っていました。



帯広には「インデアンカレー」なるものがあるそうですが今回は食べられず。



次が楽しみです〜〜。


この記事へのコメント
 
モーツァルトの4番、
取手で聴かせていただきました。
カデンツァ、素敵でした。
そして、カッコよか〜
シックな深い緑のドレス、
とてもお似合いだったと思います!!

愛さんがオケで弾かれるのは、
なんと2月の日フィルを聴きに行って以来で、
ワクワク待った甲斐がありました。

ココア色のドレスの写真、
FBで拝見していたのですが、
コメントに大うけでした。

で、大方の期待通り(笑)、
食べログが来て更に大うけ。
愛さんはファン想いで嬉しいです。
函館、札幌と散々食べた挙句、
この期に及んで「ミニ豚丼」っていうのも
お茶目でございます。

お疲れ様でした。
siopapa(2014-11-23 02:29)
プロペラ機、以前は時々乗りました。
結構騒音がひどかったけど、万が一プロペラが止まっても滑空して落下しないという気分的な安心感が。
演奏レポより、グルメレポが気になるのは「北海道」という土地柄でしょうか?
せんちゃん(2014-11-23 15:31)
お疲れさまです。
北海道は寒かったでしょ。

それにしても凄いいくらの量ですね。

いくら好きです。
沢山食べたい。
@ ゆづるぢ(2014-11-23 16:29)
北海道ツアー&取手公演♪

お疲れ様でしたぁ〜☆

しかも、早い更新にビックリ!!!

長野の地震で、寝付けなかったのかな?

忘れた頃に、地震が↓↓↓

改めて、気が引き締まる思いですね。

話は戻って、お約束?の食レポに、期待を裏切らない、愛さんは☆

取手公演にお邪魔出来ましたが、河口湖以来で・・・

こんなに期間が空いたのは↓

オケも心強いメンバー(友)と一緒で、安心して演奏出来たようですね♪

しかし、取手公演のネタが無いのは(笑)

今年最後?となった愛さんのコンサートに伺い、恐縮ながら締めのご挨拶?が出来、ホッとしましたぁ☆

最後に私事のネタを(笑)

今回、近所?なので車で伺いましたら、何と偶然?にも車の走行距離が、ちょうど家に到着したら77,777kmに☆

夢は正夢に?

ほな♪
O次郎(2014-11-23 19:07)
ハードなお仕事の旅、お疲れさま。

緊張感のコントロールも大変なんですね。
取手では、そんなこと何も知らずに緊張感ゼロで聴いていました。

第4番はこれまで聴く機会がなく、愛さんの演奏で初4番。
美しい歌声を満喫しました。
またどこかでお願いします。


プロペラ機は、2回ほど乗ったことがありますが、高度が低いので、景色が良く見える。
気流が乱れるとスリル満点!
旅の気分を味わえますよね。

でも、愛さんは、舌で旅の気分を味わうらしい。
大事な報告、ありがとうございます。

次が楽しみ〜 とありますが、できれば、連休中にお願いします。
Kiyoshi(2014-11-23 23:53)
短期間に何回も同じ曲を演奏するのって、大変なことなんですね。

ありがたく聴かねば(>_<)

おいしい紅茶と好物いっぱいの北海道グルメでパワーアップやね!
食は大事!
苦手な寒さに負けたらあかんで〜(笑)

おいっさ〜の店行ってみたい(^O^)

カトちゃん(2014-11-24 21:06)
あぉぉ〜ー遅れったー〜
おいっさー 行きたいなー ごはん食べちゃお〜っと..
涙の結末。。
やばい食材ばっかりだワ。。祭り。アレ、、。。

愛さまがご納得されるか分からないけど、バレエのプリンシパル例えば熊川哲也氏などと緊張感、線上の技術の極み、複数公演、というのは近いかな?と感じます。
因に庄司紗矢香さんは同じには二度と出来ないと仰っていました。
緊張は解いた方がいいに決まっています。必要に応じて力が出ればいい訳ですよね。
よく、私達は集中、集中なんていいがちですが、そもそも大好きな事するから当然のめり込む、結果として集中というのでしょうか?よい状態が当然生まれます。
というように、実はリラックスすることが大切なんだそうですよ。ちょっとへぇ〜という感じありました。
リラックス、リラックス、そして、当然、大好きな事するのだから、よい状態になる訳です。
ので、モーツァルトに対してもっとあらたな解釈(音楽的なとに全く限らず)例えば、彼の生家を尋ねるとか、時代背景や作曲の意図などに限らずとも、モーツァルトという人物自体に愛さま独自の視点で迫ってみて、モーツァルトという音楽に新たな感触なり好ましさ、親近感を得てみると、、いいのでは、、ないかなーーと、、おもいます。。。(僭越。。。
またこれはかなりマニアック感あると思いますが、、、共感覚者ってあるのですが、彼は光共感覚者で、音を光と捉えていたそうです。。彼の音楽は倍音が上手く設計されていてとても綺麗だといっていました。う〜ん、マニアッック。。
さて、演奏の時は集中なんていうクセがあるのかも、、しれません。。??実はリラックマだ、そうクマ。
(リラックマ、どれだけ、練習時にしろ、演奏前にしろ、自分がどれ位リラックマか感じることは悪くないとおもいます。
特に、まったく関係ない時でも、現代人は緊張を解けないと言われていますので、徹底的にリラックマ状態を体感し覚えておく事も結構、、い、い、か、も、しれ、ま、ク、マ。))
p2p(2014-12-01 23:07)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。