パシフィック・ビーナス☆ [奥村愛]

楽しい〜〜船旅から帰ってきました!!





???




お仕事でしたけど・・・。笑






パシフィック・ビーナスに乗って横浜港を出発!!
IMG_7972.jpg



今回は『黒田官兵衛ゆかりの地&世界遺産熊野古道を巡る旅』



最初の訪れたのは姫路。



もちろん姫路城へ。




離れたところから見たことはあったけど(しかも夜)、こんなに間近で見たのは初めて。
IMG_6673.jpg


IMG_6317.jpg

無知な状態で見るよりかは、ほんの少しだけど知識がある方が断然おもしろい!



お皿を「い〜ちまい、に〜まい」と数えるお菊さんの井戸もありました。


知らずに無邪気に井戸を覗きこんでしまった・・・。深かった・・・・。



残念ながら天守閣は保存修理中で中に入れなかったけど、西の丸長局や化粧櫓は見れたので満足(^^)




次なる目的地は別府。




瀬戸内海はとーっても穏やかで無数の島が点在していて絶景でした。
IMG_1667.jpg


別府に着いた日の夜がコンサートだったので、午前中だけ町を探索。


創設100年以上の竹瓦温泉に行って砂風呂を堪能してきました。


道後温泉に似た素敵な趣。
IMG_1304.jpg



コンサートは45分を2回。

ピアニスト松井花枝さんと♡

2回目は若干揺れてたけど、だいぶ慣れっこになってきました。

とっても楽しく演奏することが出来ました!


聴いてくださった皆さま、ありがとうございました





そして、最終日。

一度は訪れてみたいと思っていた熊野古道。


本当は伊勢路とか歩いてみたかったけど、数時間の滞在では無理・・・と早々に諦め『熊野速玉大社』へお参りに。

IMG_4735.jpg

いつか参詣道歩いてみたいな〜。



そして、新宮城跡(丹鶴城)へ。


熊野川や新宮の町が見渡せてこれまたいい景色でした。
IMG_5660.jpg



食事は基本船の中なので、やっぱり地の物を一回は食べたい!!と、最初で最後の外食。
IMG_6060.jpg

赤いかのお刺身、カツオのたたき、サンマの馴れ鮨。

馴れ鮨は和歌山名物かと思ったんだけど、意外といろんなところにあるんですね。

ちょっとくせはあるけど、美味しくいただきました。

昔の人の知恵の詰まった食べ物ですね。






・・とま〜それはそれは充実した楽しい日々でした。

もちろんコンサートは集中していつも通り臨みましたが、それ以外はしばし夏休みとして楽しませていただきました!!









この記事へのコメント
飛行機で、沖縄、北海道、っていう移動もすごいですけれども。船で、中国地方、九州、紀伊半島、というのも豪快ですね。姫路では、お城も堪能されたようですし。来月、9月6日には、仙台で、東日本大震災復興支援、ヒューマンラブ・コンサートに出演等、予定は、目白押しですが、ようやく秋の気配が見えてきた、この頃、引き続き、お仕事、頑張ってください。
青山治之(2014-08-26 01:56)
お疲れさまです。

いい夏休みを取られたみたいですね。

姫路城とか行ったことないので見てみたいです。

お皿の怪談は、皿屋敷のやつですよね。

いい秋を迎えてください。
@ゆづるぢ(2014-08-26 19:44)
お帰りなさい♪

旅行記&食レポ☆

ありがとうございます♪

貧乏人の私を船旅に行った気にさせる、愛さんの文章力に☆

コンサートのレポが少ないのは・・・笑

それだけ充実してたって事ですね♪

季節は、一気に秋の気配が・・・

くれぐれもご自愛下さいませ☆
O次郎(2014-08-26 21:09)
子供時代は移動手段として船に乗る機会も多かったものの、成人後は車か飛行機が中心になりました。
クルージングの様な、船に乗っていること自体を楽しむ旅は、また違った良さがあるのでしょうね。
愛さん自身、プライベートで船旅をされることもあるのでしょうか?
船上ライブ(バイオリン)で愛さんが客席に居たら、演奏家さんの方が緊張しちゃうかな…一度狙って旅してみませんか?(笑)

せんちゃん(2014-08-26 21:15)
腕上げたーーーー
(私が言うな、はいすいません)
このレポート最高だす。
写真もいいねー。
文章と写真の塩梅もよくてリズム感、躍動感あるわー。
時間の流れが気持ちいい気がする。
愛さまが受けた感じの良さがそのまま伝わってくる感じ致します=。

竹瓦温泉てあるんだ。道後と似てる。ぐるりの感じはどうなんだろう。そこは道後温泉かな??やっぱり、どうなんでしょう。
なれ鮨(これはまるごと一本か〜なかなかいいねー)文化はそこら辺一帯なのでしょうか。食文化はまさに知恵の結晶だから凄いよね。発酵系だからからだにもいいだろうし。大人飲料にも悪くないでしょ?
富山って押し寿司だよね。なんか和歌山、京都、富山という食文化ライン感じるな。サバ街道って京都から若狭湾まであるそうですね。どうなんでしょうか。。
あと、結局私達なんだかんだ言って、歴史遺産好きなんですが、なんかそんなところも結構、昔のひとと同じ余暇(遥かに多いですが)してるってとこも、結構、謎めいているというか不思議だし結構分からないとこなんだよね。こんなに社会技術は進化しているのに。。ね。



広島の災害はほんと多くの人が亡くなって、、ちょっと人災じゃないの??という感じが。。。なんか残念だよね、そういう感じが。
そう言えば、生さだまさし(nhkTV)で義援金やるだろうな、、。最近全くTV見ないから分からないけど。
義援金と言ってもなかなかピンポイントの大惨事だから、みんな亡くなっちゃったとかもあったり、一人だけ残ったってあったね。そんな感じで、生活再建という感じはあるのかな。。他の地区との兼ね合いとか、これは実際のところを知らないとなかなか本当の支援って難しいね。でもさだは本気だから凄いな。(とかこう書いておりますが、私が義援金を送ったとかはありません。でもみんな何かの機会にはしたいと思っているんだろうね。。)ご遺族の悲しみが深くなりませんように。
p2p(2014-08-26 21:28)
小笠原クルーズにかわる瀬戸内海クルーズ楽しまれたようですね。               よかったですね。真っ白な姫路城が見れて、あと半年もすれば汚れて真っ白でなくなるそうです。

9月ももうすぐ、心機一転頑張ってください。

大阪でのリサイタルのチラシ、ゲットしました。新しいポートレート使ってますね。とても素敵です。

あきべー(2014-08-27 14:16)
姫路城は、舞子で愛さんのコンサートがあったときに行きました。

「黒田官兵衛ゆかりの地」を巡る旅には欠かせない観光スポットですね。

でも、現在の姿の姫路城が建てられたのは、江戸時代の初期。
黒田官兵衛の時代は、簡素な砦の建つ山城だったはずで、そのことは予備知識としてインプットしておいた方がいいでしょう。

姫路城に限らず、石垣の上に壮大な天守閣や櫓があるような城は、大部分が江戸時代初期の建築で、軍事目的のほか、支配者の権威の象徴としての役割を担っていました。さらに江戸時代も中期になると、軍事目的がほぼ消滅し、殿様が天守閣に立ち入ること自体、ほとんどなかったようです。
司馬遼太郎の戦国物で、城を舞台にした攻防シーンを読んだとき、このような城を思い浮かべるのは間違いなので注意しましょう。

戦国時代の山城を見るなら、愛さんの邸宅から普通に日帰りできる「八王子城」がお勧めです。
小田原を拠点として関東に君臨した北条氏の城で、豊臣秀吉の小田原攻めのとき、豊臣側との壮絶な戦いの末、落城した。
建物は残ってないけど、山の地形を利用した遺構を見ることができ、八王子城について学べる施設もあります。
一番高いところまで登るにはハイキング装備が必要だけど、絶景が楽しめます。急坂の連続も、山ガールの愛さんなら楽勝でしょう(冬は凍結するので注意)。

グルメ旅もいいけど、歴史の舞台を旅するのもいいものです。


豪華な船旅とは関係ない話になってしまった・・・・。
Kiyoshi(2014-08-28 00:18)
奥村様 どうも初めまして。初めて書き込みさせて頂きます。楽しく拝読させて頂いてます。
船旅で寄港すると、日本でいながら他国に上陸するような意外性があるのではないでしょうか?それにしても距離的にすると広範囲の移動と寄港なんですね。揺れる船内で演奏って、船酔いしたらダメでしょうけど、船はお強いのですね。それと馴れずし!拙者、滋賀県の鮒ずしは大好物ですよ。食べられましたか?
(富山の演奏会、名古屋から山を越えて拝聴にうかがいます。楽しみです!)
頑張って下さいね。
真野フレンズ特急(2014-08-29 22:56)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。