びわ湖 [奥村愛]

木曜日はびわ湖ホールで『住友生命全国縦断チャリティーコンサート』でした!




29年間続いているこのコンサート、今回でなんと997回目!!





お客さんに募金をいただき今までにタイで小学校を作ったり、東日本大震災で被害を受けた地域にピアノを寄付したり、それぞれの地域の福祉施設等に寄付したり・・・。


いろんな形で活用されているようです。





こんなコンサートが何十年も続いてるって凄いなぁ。



今回のびわ湖ホールに来てくださった皆さまも沢山、募金してくださいました。


本当にありがとうございました




今回もピアニスト加藤昌則さんと。


新曲なども入れて、ハードだけど楽しいコンサートになりました!(^^)!






しかし、、、、


びわ湖見忘れた〜〜〜〜


バタバタしすぎました。




泊まりは京都だったけど、時間がなく観光客やお寺を横目にほぼとんぼ返り。



う〜ん、ちょっと寂しかったな。


いつか旅しよう、京都へ。 いつか・・・。






この記事へのコメント
素晴らしい演奏、ありがとうございました。 ロビーのガラスの向こうが一面琵琶湖です。 また来て下さい。♪
T.Otowa(2014-07-20 11:13)
お疲れさまです。

コンサート997回凄いですね。
記録ですよ、記録。

京都いいところですよね、自分も行きたい。
@ゆづるぢ(2014-07-20 23:56)
29年。997回。
間もなく節目を迎えるのですね。

それにしても、ホールの目の前(?)の、
びわ湖が見られなかったのは、残念!
でも、相当なバタバタ感だったようですし、
いつか、いつか、
京都に泊まって、比叡山を詣で、
びわ湖を眺めるなんてのもいかがでしょうか。

そういえば、
HAKUJUのMCで紹介されていた、
「エンリコ4世」観に行ってきました。
オブリビオン、タンティ・アンニ・プリマ、
そして全編を通してのピアソラの音楽が、
とても心地よく、素敵でした。
東京は渋谷1館だけでのロードショーみたいです。
愛さんは忙しそうですが、観に行けると良いですね!!

siopapa(2014-07-21 10:02)
びわ湖ホールは行ったことないのでよくわからないですが、地図を見ると、ここに行って、びわ湖を見ないのは難しいと思いますが・・・。

やっぱり「どこでもドア」で移動したんですね。

河口湖は見逃さないようにしてください。


愛さんは、おそらく20日に四国入り。

気象庁は、20日、四国・中国で梅雨明けしたと見られると発表しました。
一方、関東では大雨。

梅雨前線も、愛さんの行動に合わせているらしく、関東でも愛さんが帰ってくる頃に梅雨明けになりそうです。
Kiyoshi(2014-07-21 10:25)
京都に来てください。待ってますよ。三条の十字屋本店フリーライブ以降、京都に来られてないと思いますが。
ただ、今は暑いので10月行こう、12月までのお越しをお薦めします。11月末紅葉の季節に北区の京都コンサートホールで紅葉を見ながらチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏されるとかいいですねぇ。
みやりん(2014-07-21 14:56)
高松、松山と続いたので高知か徳島と期待したのですけれど今年度は愛さんの四国での演奏は無しなので残念です。
気長に来県をお待ちしてます。

せんちゃん(2014-07-21 22:00)
びわこホール、きれいなホールでいいですよね〜。

京都はちょうど祇園祭で、外人さんとか観光客の人だらけやったんじゃないかな?

今年は前祭と後祭というのがあって、また今週も鉾がゴロゴロ動くみたいです。


お寺のお月見コンサートがあったら、またゆっくり京都観光できますね。
ということで、お寺コンサート待ってま〜す(^-^)


カトちゃん(2014-07-22 23:38)
以前も紹介ありましたよね、その時も数が凄いと思ったのですが、笑点並みですワ。歴代司会者亡き談志から、、、おっとと。
泊まりは京都。何か演者にたいする気遣い感じますが、、忙しく。。。
そそうでした、京都は今でもやはり食文化の中心なんだそうです。京都で美味くない店は潰れるが東京はそうではないと北海道の大将がいっていました。
食の進化を見に京都を定期的に訪れるといっていたよ。

そうなのかーー。すごいね〜〜。
ということで、愛さまも京都で舌鼓。・・)あ〜お酒が必要だわぉー
p2p(2014-07-23 20:45)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。