府中 [奥村愛]

昨日は府中の森芸術劇場ウィーンホールでコンサートでした。





ほぼ満席!!



来てくださった皆さま、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)





90分のコンサート、といつもより少し短め。




・・・・の予定だった。



MCでも「なんか長くなってしまったような気がします。」と言った通り、通常の2時間のコンサートとあまり変わらなくなってしまいました。






コンサートの後に予定を入れていた方、すみませんでした m(__)m





久しぶり?の加藤さんとの共演も楽しかったです!




コンサート終わって、夜何気なくテレビ見てたらウィーンホールがドラマの舞台になってた


舞台から見た客席の景色、つい数時間前にサイン会をした場所等が次々と出てきて、ちょっと変な感じ。



そして妙な優越感 笑




例のごとく今回も写真を撮らなかったので、別日にワンコの散歩時に撮った紫陽花。

IMG_2975 - コピー.jpg








この記事へのコメント
奥村さんのCDはすでに何枚かは持っていましたが、生演奏は初めてでした。聴いて感じましたが、聴きやすい演奏をする方だなと思いました。他のバイオリニストにはない異色な感じを受けました。またおしゃべりや動作を見てて、性格は演奏に出るなと思い、満足して帰りました。
60代男(2014-06-23 14:07)
お疲れさまです。

とてもいいリサイタルでしたよ。
ちょっと短いと感じたぐらいでした。

サインありがとうございます。
また機会があったら府中でリサイタルやってください。
@ゆづるぢ(2014-06-23 19:59)
群馬の山奥から府中まで来ました。府中の森芸術劇場は、こけら落としで演奏したことがあるので思い出のある会場です。
今年の1月26日の榛名での演奏会で取り上げた曲がいくつかありましたが、ホールの響きの影響もあるせいか1月とは微妙に異なった演奏スタイルに聴こえてステキなひと時を過ごせました。個人的にはラヴェルの演奏が胸に染みました。
終演が伸びましたが、その後の群響の演奏会にはちゃんと間に合いました(笑)。
奥村さんが群響と共演できたら、最高なんですけど。。。
sato(2014-06-23 22:33)
紫陽花、我が家でも今満開ですよ。
わんこ連れて、バイオリン下げて来てくだされば喜んで花束にしてプレゼントいたします(笑)
コンサート行きた〜〜〜〜い。
関東在住の方は、沢山機会があって本当に羨ましいです。
せんちゃん(2014-06-23 22:46)
愛さんのコンサートが予定より長くなるのは、いつも覚悟しています。
というより、期待しています。

これからも遠慮なくどうぞ。


紫陽花が見ごろですね。
でも、コンサートでギンナンの話があったので、今回は「イチョウ」について。
(ギンナン大好きの愛さんなので、知っているかもしれませんが。)

イチョウは、世界中に分布しているお馴染みの木ですが、歴史は古く、恐竜の時代から繁栄していたものです。そして、化石などの研究により、その頃からほとんど変わらない生態を留めていることが知られ、「生きている化石」とも言われます。

こんなイチョウも寒さは苦手で、恐竜の時代が終わって氷河期になると、絶滅の危機が襲い掛かります。
それでも、中国南部の比較的温暖な地域でどうにか生き残り、それが鎌倉時代くらいに日本に伝わって、盛んに植えられるようになった。

ヨーロッパでは、日本から持ち込まれた種をもとに、18世紀中頃から各地に植えられて広がっていった。
つまり、ヨーロッパのイチョウはすべて日本のイチョウの子孫です。

それ以前のヨーロッパでは、イチョウは化石でしか見られず、絶滅したと思われていたので、イチョウの存在が知られると大きな反響を呼んだらしいです。
モーツァルトやベートーヴェンも、イチョウ並木の下で、遠い東洋の島国に思いを馳せたのかもかもしれませんね。


このように、イチョウが氷河期も生き抜いた強力なパワーを持った木であるとすれば、新潟の某中学校の周りで収穫されたギンナンが、愛さんの忍耐と根性の源になっていることは十分に考えられます。

何年か後、愛さんも、ワンコと一緒に都内某所の学校の周りでギンナン拾いをしているのを目撃され、「あんな音楽家にはなりたくな〜い。」って言われるのかも。
Kiyoshi(2014-06-25 00:20)
初めての奥村さんのコンサート(というかヴァイオリンのコンサートも初めてです)でしたが、とても素敵な演奏で、女房共々癒されました。
自分は普段はBluesやRock系が多く、今年はEricClapton、JeffBeckとLIVE聴いてきました(自分もちょこっとEG弾きますが)が、とてもきれいな奥村さんのヴァイオリンの音色に魅せられました。
また加藤さんとのMCトークもとても楽しく拝聴させて頂きました。

帰りにCDを購入しようかと思いましたが、すごくサインを求める人が並んでいたのと、女房が”ケーキ食べに行こ”であきらめ、帰ってからネットで買いました。
また多摩地区(三鷹でも小平でも小金井でも武蔵野でも)でお願いします。また二人で行きます。
良いコンサート、本当に有り難うございました。
mongaikan(2014-06-28 11:49)
昨日の館山での演奏会、良かったです。私のイメージ的には、アルパの上松さんとのコンサートは、昨年の年始の八王子の大ホールの印象が、残っていたので、今回の小ホールは、会場が小さいのでは、という懸念があったのですが、開演してみると、この贅沢な空間にまいりました。いいホールですし、地元、館山の音楽好きの方と共にする素敵な時間。奥村さんのクラシックは、もとより、ラテン音楽を、奥村さんのヴァイオリンで聞けてしまう。エル・チョクロ、コーヒールンバのハーモニーは、絶品でした。もちろん、他の曲が良くなかった訳では、ありません。極めつけは、ラストの子ども達4人による出演者の皆さんへの花束贈呈。地元の音楽鑑賞協会、受付からこうした演出まですごいです。昨日は、出演者の皆さん、いい演奏ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。9日前に、私が府中の森芸術劇場リサイタルを受けて、書いてしまった、紀尾井ホールか三鷹市芸術文化センターの要望、ただのハコ物。虚しさを自分に感じてしまった、そんな心温まる演奏会でした。極上の至福の時間が過ごせました。
青山治之(2014-06-30 00:17)
満席御礼。90分でどうしても長く。それはそうなりますよね〜聞いてる方もいつも二時間で90分ではいさようならだと、分かっていても満足感足りなくなるなー。内容どうこうというより、もうそういう感じと時間感覚が出来ちゃってるから、慣れてる人程、違和感でちゃうからね。。まずは足を運んで貰って、また、来て貰いたいね。
ニューイヤーコンサートとかやっちゃっていいんですよ。
p2p(2014-07-02 21:41)
満席御礼。
やっぱり長くなるよね。よく聞きにくる人はもうその時間で慣れてるから、短いと分かってても、いつもと違う感でるから。。はい、さようなら。という訳にはいかないよね。
まずは足を運んで貰って、また、聞きに来て欲しいものですね。音楽とトークと。
ニューイヤコンサートとかやっていいのですよ〜〜
あれ、重複してたらゴメンナサイ。
p2p(2014-07-02 22:27)
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。